シネマ大好き

今まで見た映画で、心に残った大好きな映画の数々
ベスト10のつもりがベスト20、30に増えていくかな

 
ニューシネマパラダイス 映画っていいなぁって思える作品。エンディングは涙がほろり。
小さな恋のメロディ 子供の頃に見た映画で心に残った最初の作品。マーク・レスターとトレイシー・ハイド。音楽はビージーズ。とっても優しい曲です。
風とともに去りぬ 壮大なスケール。映画の醍醐味を味わえる。ビビアン・リーの毅然とした美しさが素敵。
バベットの晩餐会 美味しい食事が人々を幸せにする。地味だけどとても素敵な映画です。
ファールプレイ とにかくたっぷり笑えます。ゴールディ・ホーンがとってもキュート。
テルマ&ルイーズ 元気が出ます。スーザン・サランドンとジーナ・デイビスが魅力的。
フィールド・オブ・ドリームス 夢を信じる事は素晴らしい。「ライ麦畑でつかまえて」のようなシーンも。
劇中の作家は実は、サリンジャーを想定していたとか・・・。
追いつめられて これは大どんでん返しあり、以外な展開にびっくり。ケビン・コスナーの若い頃の作品。
デスペラード バンバン撃ってバンバンやっつける。気分爽快、スカッとします。
ビッグ トム・ハンクスが本当に心は子供、身体は大人に見える。泣きながら歌を歌って、なんとか友達に自分を分かってもらおうとするシーンが好き。
レオン 寡黙な殺し屋ジャン・レノと孤独な少女ナタリーポートマンが心を通わせていくせつない物語。
サウンド・オブ・ミュージック ミュージカル映画といえば、これが1番!
バクダット・カフェ なんともけだるい音楽とはうらはらに、どんどん生き生きとしてくる主人公に注目
Shall we ダンス 一番笑った邦画かも・・・。笑って、そして、じ〜んとして優しい気持ちになります。
秘密と嘘 ずっと秘密にしていた真実に対面して・・・。当事者とその家族の当惑。
事実を受け入れて行くまでの心の動きが素敵な映画です。
幻の光 宮本輝原作の映画化。小説とは別の静かな感動のある邦画です。
さらば我が愛 京劇の役者になるまでの、とても厳しい訓練を耐えてきた二人の少年の友情。
やがて一人が結婚し、友情と愛情が複雑に絡み合う3人の心が京劇の芝居と重なり合う。
HANA−BI ご存知北野武作品。暴力と優しさ、冷酷さと思いやり、この相反する感情が、
何故か自然に受け入れることが出来る映画。誰の中にもある「明と暗」だからなのかも。
                                                 


HOME     戻る     シネマ大好き